ご利用方法
GUIDE
  • 介護保険の場合

    担当のケアマネジャーもしくは当ステーションにご相談ください。
    介護保険の「要介護認定」を受け、要支援・要介護に認定された場合は、“ケアマネジャー”という専門家によるサービス計画を立て、様々なサービスをコーディネートします。
    そのサービスにはもちろん、訪問看護も含まれます。
    その時、ケアマネジャーに「週に○日、訪問看護をうけたい」「○○訪問看護ステーションから訪問看護をしてもらいたい」などの要望を伝えてください。
    ケアマネジャーは、お客様のご要望を最優先に考え、サービス計画を立案します。
    その他、以下の方法で、訪問看護サービスの紹介を受けられます。
    ○在宅介護支援センターで相談
    ○市区町村役所の在宅福祉関連窓口で相談
    ○保健所・保健センターの保健師に連絡
    ○病院の医療相談室に相談
    ○地域の社会福祉協議会に相談
    ○地域の民生委員に相談
    ○民間の訪問看護サービス会社に連絡
  • 医療保険の場合

    当訪問看護ステーションににご相談ください。
    訪問看護ステーションから、かかりつけの医師と連絡をとり指示を受け、訪問看護サービスを提供します。
    かかりつけの医師にご相談ください。
    適切な訪問看護ステーション、もしくは病院等の訪問看護機関に指示が出て、訪問看護サービスを提供します。

訪問看護開始までの流れ

STEP
1

ご利用者様 訪問看護希望

ご利用者様やご家族のご希望、主治医、ケアマネジャーの勧めなど。

STEP
2

相談・依頼

主治医、ケアマネージャーより当事務所へ相談・依頼。
担当看護師がご利用者様と事前訪問日を調整。

STEP
3

事前訪問

担当看護師がご利用者様宅へ事前訪問に伺う。

STEP
4

指示書依頼

主治医への指示書依頼。
原則はご利用者様・ご家族にご持参いただき、困難な場合は別途対応。

STEP
5

訪問(リハビリ)開始

主治医からの指示書が当事務所に到着後、ご利用者様・ケアマネジャーにご連絡の上、訪問開始。

訪問リハビリも対応いたします。
必要時ご相談ください。

訪問看護の特長

24時間365日対応

健康状態の観察
認知症ケア
医療的処置
療養生活指導
服薬管理
リハビリテーション
ターミナルケア
住宅改修・福祉用具提案
精神障害者ケア

フォロー体制

主治医・ケアマネジャーへの報告書提出(毎月)
ご家族への介助方法指導
住宅改修・福祉用具選定のアドバイス
サービス担当者会議への参加、情報提供
その他各種相談
このページのトップへ